慰謝料は増額できる?

慰謝料は、損害賠償のメインといっても過言ではありません。それほどに、大きな額が設定されることの多い保証となっています。ですが、苦痛の大きさによっては、それでもなお物足りなく感じることもあるでしょう。そんなとき、どのようにすれば保証アップに繋げられるでしょうか。

慰謝料慰謝料自体については、すでに計算の仕方が決められています。たとえば入院慰謝料であれば、治療期間(入院期間+通院期間)、実通院日数(入院期間+実通院日数)×2いずれかで少ない方に4,200円をかけて割り出します。そして後遺障害慰謝料、死亡慰謝料については、規定の表に基づいて算出します。こうした確定された方法をもちいるため、計算自体で増額を狙うのは難しいでしょう。

そのため、慰謝料増額を考えるなら、依頼する相手をどのような人物にするか良く検討してみてください。結論からいうと、交通事故加害者の保険会社でなく、弁護士に依頼するのが効果的です。損害賠償を抑えれば抑えるほど得をする保険会社に対し、弁護士は多く請求できればできるほど自社への報酬も高くなります。すなわち、弁護士の方がより高い慰謝料請求の実現に力を注いでくれやすいというわけです。慰謝料にこだわるなら、ますは弁護士への相談が有効でしょう。