交通事故で貰えるお金

慰謝料

交通事故で貰えるお金は、まとめて損害賠償といいます。主には4種類あり、入院費用や治療費といった病院関連の積極損害、仕事を休んでいる間の収入減における損害の消極障害、物を壊された場合に発生する物損、そして今回のテーマである、慰謝料のそれぞれです。交通事故で発生するお金をまとめて慰謝料というわけでもないので、混同しないよう気を付けてください。

慰謝料は、被害者が受ける苦痛に対する損害となっています。たとえば、精神的苦痛です。平穏に過ごしていた日々を、突如運転者の不注意で奪われてしまう、先々の予定が大きく狂ってしまった、その状況には、きっと大きなショックを覚えることでしょう。自分ひとりならまだしも、子供やパートナーといった家族までもが被害を受けていれば、なおさらです。

そしてもうひとつ、肉体的苦痛というものも含まれます。ケガで被るのは、治療期間や治療費負担だけでもありません。純粋に大きな痛みを伴うため、そこに対する苦痛も尋常でないはずです。打撲やかすり傷程度で済めば良いですが、流血や骨折、さらには重い障害が残るケガともなれば、精神的苦痛以上ともいえる苦しさを覚えるかもしれません。こうした苦痛面への金銭的フォローこそが、慰謝料なのです。